やさしいお家株式会社 コノミハウス

所沢の新築注文住宅、リフォーム、太陽光パネルの事なら やさしいお家 (株)コノミハウス

住宅性能の「ものさし」を知る

家を建てる上での優先順位は、人によって様々です。
既に建築された方から家づくりの優先順位、住んでからの満足度に学びましょう

住まいのお困りごと

 

家づくりの検討段階でこだわり切れなかった項目が

そのまま暮らしの悩みに

光熱費

結露・カビ・ダニ

寒さ・暑さ

高断熱・高気密の住宅だからといって、建物の性能は同じではありません。

ここから建物の性能を比べる上で、ものさし(基準)を知って頂くお話しを致します。

1.日本の住宅はどうなる?

■ 将来を予測してみましょう

■ 将来を予測してみましょう

例えば自動車を例にあげてみましょう。向かう先は低燃費、省CO2ですが、メーカーによってアプローチは様々です。

ガソリン価格が上がった事で、車を選ぶ基準が

変わってきました。

住宅はどうなるでしょうか?
最近は住宅の性能も良くなり、どの会社でどんな家を建てても、その性能は同じだと思っていませんか。
長く住むお家です、将来を見据えて考えましょう。

国の考える「住宅のミライ」

■省エネ住宅・ZEH

(ゼロエネルギーハウス)の考え方

■住宅の基準⇒エネルギーをなるべく使わない住宅へ

2020年には省エネ基準が義務化となり、その後もZEH
(ゼロエエネルギーハウス)やLCCM住宅などエネルギーを
なるべく使わない住宅を普及していく事は決まっている

暮らしで使うエネルギーを、住宅の高断熱化により減らし、住宅設備に高性能な物を使用し、暮らしで使うエネルギーを圧縮した上で、使うエネルギーを創エネでまかない、全体のエネルギー収支を正味ゼロ以下にするのがZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)です。

2.住宅の性能とは

■ 省エネ住宅であれば、室内温度環境は

必ず良くはなるとは限らない

この写真は断熱性能とスキマが多い一般的な冬の住宅の熱画像です。
何を改善すれば快適に冬をすごせるようになるでしょう?

■ 部屋の寒さの原因は?

断熱性能が低くスキマが多いと暖房で温めても、熱が外へ逃げていきます。
家の熱はどこから逃げていくのでしょう?

断熱性能、気密性能を良くすることで、熱が逃げにくくなり少ない
エネルギーで上下温度差の少ない快適な環境になります。

3.性能の高い家づくり

■ 断熱材の種類について

■ 住宅の性能と耐久性を低下させる結露

住宅の断熱材は様々な素材があります。
一般的に多く使われている材料として『グラスウール』は知名度も高い商品です。
SW工法に使用している断熱材は『硬質ウレタンフォーム』です。

結露は、暖かい空気に含まれる水蒸気が、窓や玄関ドア、壁の表面で冷やされて生じる現象。

グラスの外側に水滴が

つくのと同じ状態

壁の中で結露がおこると断熱性が損なわれるだけでなく建物の寿命にも影響を与えます。

■ 住宅の性能と耐久性を低下させる結露

断熱材に湿気を通さない事で、断熱材内部での結露の心配がありません。
SW工法は湿気を通しにくいウレタン断熱材を使用しています。

ウレタン断熱材内部の無結露を
LIXILが35年間保証致します。

4.住環境と健康

■ 家庭内事故の原因となるヒートショック

■ 低温は体に負担がかかる

冬場に暖房したリビングから出て寒い脱衣所で服を脱ぎ、お風呂に入り熱い湯船につかる。この一連の行動で大きな血圧の変動があり体へのストレスとなります。

冬、室温が12℃未満になると、健康リスクが高まる。

■ 引っ越しをして健康が改善!?

呼吸器系や皮膚系の疾患を持った方が、断熱性能の高い家に引っ越した結果、症状が改善されたという調査結果があります。

高齢者の場合、冬場のトイレや浴室、脱衣所で感じる急激な温度変化が体へのストレスとなります。血圧の急上昇が大きな負担となり、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などの原因に。それらが転倒や浴室内での溺死という事故を引き起こします。

■ 性能を上げると不快を排除できる

断熱性と気密性を高くすることで、快適性も高くなります。

SW工法住宅の特長をご理解頂き、その性能を十分引き出すために必要な安全・注意事項、より快適に暮らしていただくためのアドバイスをまとめたものを用意しております。

■ 健康改善を実感されたご家族の声

スーパーウォール工法のお住まいのオーナー様からも、引越してから健康改善を実感された声も数多く寄せられています。

5.ライフサイクルコストを考える

■ 家を建てた後にかかる費用

■ 生涯住居費シミュレーション

住まいに必要なお金は建築費だけではわかりません。
本当にお得な住まいづくりを考えるなら家を建てた後に
かかる費用も考えることが必要です。

住居にかかる費用を、建築費だけではなく光熱費も含めて35年間の生涯住居費として比較してみると、どちらが賢い家づくりか見えてきます。

所沢市小手指町 5-5 シャレードビル 101

TEL 04-2937-7531 FAX 04-2937-7521 [日曜・祝日定休]

株式会社 コノミハウス

所沢の新築注文住宅、リフォーム、太陽光パネルの事なら やさしいお家 (株)コノミハウス

Copyright ©2014 株式会社 コノミハウス All Rights Reserved.